読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしも大切な人を忘れてしまったら

映画

 

 

もしも大切な人を忘れてしまったら…

 

 


f:id:sweet-cake0613:20160918205109j:image

 

 

 

この間、映画ファインディング・ドリーを見に行きました。

開始5分で涙腺崩壊(笑)

映画館が真っ暗でよかったです。

 

 

ドリーといえば…忘れっぽい、というか、覚えられない!覚えること、記憶することが苦手な彼女。ファインディングニモでも大活躍だった彼女ですが、今回は主人公になって戻ってきました。

 

誰もが親がいるのに、何故私の家族はいないんだろう?

私の家族はどこ?

 

ここからドリーの冒険が始まります。

そう、彼女は 自分の家族のことも忘れてしまっていたのです。 

 

 

#ここからネタバレ含みます。

 

 

 

 

 

 

 

ドリーの両親は言いました。

 

どうか私たちのことを忘れないでね…と。

 

幼いドリーが両親とはぐれてしまったとき、パパとママとはぐれたの」と他の魚に助けを求めます。

でもはぐれてしまった場所を忘れてしまい、他の魚たちはどうすることもできません。

でも諦めず、ドリーは他の魚に助けを求めます。それは小さな魚から、大人になり、ニモを探すマーリンと出会うまでつづきました。

それまでドリーは広い海を何年もただ、ひとりぼっちで生きてきたのです。想像以上の孤独なのに、その孤独さえも忘れてしまうドリー。

忘れてしまうことは、幸運なのか不幸なのか。

 

そして 次第に『パパとママとはぐれてしまったの』は、『誰かとはぐれてしまったとの』になり、ついには誰かさえも何をしていたのかも忘れてしまい、『何かを探してる気がするの』に変わっていきます。

 ドリー自身は、忘れてしまいたくなくても

頭が勝手に忘れてしまう。

 

それはずっとそうだったようで、、、

私って忘れてしまってダメねという幼いドリーに、両親はいいんだよっと抱き締めます。

そして、ドリーが覚えたとき、共に喜びます。

 

この親だから、ドリーは明るく育ったんだなと思いました。 包み込むような優しい両親だから。前向きなんだろうなって。

 

忘れてしまうけど、底抜けに明るいドリー。

それはきっと両親も底抜けに明るかったのではないでしょうか。

 

だからドリーは愛されてて、忘れてしまうからこそ今を生きてきたのだと思います。

結果みんなが協力してくれて、ドリーは無事故郷にいけます。でも故郷で自分の家にたどり着いたとき、家はもぬけの殻でした。

他の魚に聞くと、何年も前にドリーの両親は死んだと言われます。だから、いないんだよと…。

 

これを聞いたとき、涙がとまらなくて。

なんてことだと、思いました。

ドリーはそんなに時が経っていることさえも忘れて、気づいたら一人大人になっていて。親の死に目にも会えないなんて。可哀想を通り越して辛すぎます。

 

でもたとえ忘れてしまっても、体は覚えてて、結果忘れてなかったことがドリーとドリーの両親を結びつけます。

ドリーの両親も諦めずにらドリーをずっと待ってたんですね。

このドリーの諦めないところは、両親譲りかもしれません。

 

パパ、ママ忘れてごめんなさい、とドリー

忘れてなかったじゃないと、両親はまたあの頃のようにドリーを抱き締めます。

忘れてしまっても思い出せばいい。

ほらあなたはちゃんと思い出せたじゃないと。 

 

 辛いことも悲しいことも忘れてしまえたら、と私はたまに思ってしまいます。

でもそれは同時に、喜びも楽しみも忘れてしまい、思い出を思い出すこともできなくなったとき。

他の人と思い出の共有がでなくなったとき。人は本当に孤独になるのではないかと思いました。

 

でも、もしドリーが両親に会えなくても、彼女は孤独ではありません。彼女を家族だと思っている二匹がいるのですから。

 

でも、心に引っ掛かる何かがあるたび、何度も忘れて何度も両親を探そうとし、そして思い出すんだと思います。自分の後悔を。

 

だから、ドリーが両親に会えたとき凄く嬉しかったのです。アニメだし、作り話だけど。凄く凄く嬉しかったのです。私もいつの間にか、ドリーの魅力にやられてしまった一人なのかもしれません。